冬の髪が静電気で広がる原因は?防止策やトリートメントは効果ある?

朝や出かける前など、せっかく時間をかけて髪をセットしても、
気づいたら広がってしまっている…なんてことありませんか?

特に冬は、髪が広がりやすいですよね。

髪の毛が広がってしまう主な原因は、
実は、髪の毛に溜まった静電気なんです。

そこで今回は、髪に静電気が溜まってしまう原因や、
その防止方法について解説していきます。

スポンサーリンク

冬の髪が静電気で広がる原因とは?

髪の毛に限らず、私たちの身の回りで発生する静電気。

この静電気は、
物質同士が摩擦することで発生しています。

そして、髪の毛同士は常に接触し摩擦が起きているので、
静電気が発生しやすい環境となっているのです。

しかし、誰もが髪に静電気を溜めこんでいて、
冬になると髪が爆発しているわけではないですよね?

実は、静電気が起きやすい髪と起きにくい髪というのがあるんです。

では、その違いはいったい何なのか
見ていきましょう。

◎髪が傷んで乾燥している

静電気が冬に多く発生するのは、空気が乾燥しているためです。

つまり、乾燥と静電気は深く関わりがあるのです。

紫外線や間違ったケアなどによって、
キューティクルがはがれて髪が傷んでいると、
傷んだ部分から水分が流れ出てしまい、髪の水分が少なくなります。

傷んで乾燥した髪が、
ブラッシングで擦れることで摩擦が起きやすくなるのです。

◎洋服などで発生した静電気が髪に溜まる

冬、ドアノブに触った時や、人に触れた瞬間、
バチッと静電気を感じたことがあると思います。

これは、身体に溜まった静電気が、
ドアノブや人に触れた瞬間に放電することで発生しています。

つまり、私たちは髪だけでなく全身の至るところで静電気を発生させていて、
それを溜めこんでいるんです。

身体に静電気が発生しやすいのも、皮膚や体内の水分不足が原因

そして、静電気は狭い空間に集まりやすい性質を持っているため、
髪の毛以外で発生した静電気も、
髪と髪の間に入り込み溜めこまれてしまうのです。

冬の髪の毛に起きる静電気を防止するには?

冬の乾燥から髪を守り、
静電気を防止するにはどんな方法があるのでしょうか。

◎髪を乾燥から守る

一番大切なのは、髪の毛を乾燥から守ることです。

それには、
冬に限らず年間を通して髪をケアすることが大切です。

正しい方法で髪を洗って乾かす、傷んだ髪は保湿ケアする
などを続けることで、髪が健康な状態に近づくため
髪が乾燥しなくなるのです。

健康な髪で乾燥していなければ、静電気は起きにくくなります。

◎身体へ十分な水分補給を

スポンサーリンク


乾燥と静電気は密接に関わっているため、
体内が水分不足だと、身体が静電気を溜めこみやすくなってしまいます。

冬は夏に比べると水分補給を怠りがちになりますが、
身体から水分は常に放出されています。

のどが渇いたと感じてからの水分補給では遅いと言われています。

こまめに水分補給して、
体内が水分不足にならないようにすることも髪の乾燥を防ぐことに繋がります。

◎湿度を保つようにする

冬は空気が乾燥しています。

空気が乾燥していると、
髪の水分が空気中に奪われやすくなり、髪が乾燥してしまいます。

外出中は仕方ありませんが、
室内にいるときなどは湿度を保つように心掛けましょう。

加湿器などがない場合は、
濡らしたタオルを軽く絞り、室内に干しておくと湿度が上がります。

また、入浴後はお風呂のドアを開けておくことで、
浴室に溜まった蒸気が室内に広がり、湿度を上げてくれますよ。

◎静電気が発生しにくい服を選ぶ

寒くなると着たくなるニットなどは、
静電気が発生しやすく、溜まりやすい服になります。

服で発生した静電気は、髪にも伝わり溜めこまれてしまいます。

出来るだけ静電気が発生しにくい生地の服
選ぶようにすると良いです。

とはいえ、おしゃれはしたいですよね。

服の静電気を防止するスプレーなどが市販されていますので、
着る前に防止しておけば、着る服を気にする必要がなくなりますよ。

髪の毛の静電気にトリートメントは効果ある?

髪の毛の静電気を防止する方法をいくつかご紹介しました。

でも、髪の保湿って何したらいいんだろう?と悩みますよね。

「髪の保湿」で一番に思い浮かぶのは、トリートメントではないかと思います。

トリートメントには髪をしっとりさせる効果もあるけど、
さらさらにする効果もあるということは、静電気は防げないのでしょうか?

実は、髪の毛の静電気を予防するのに、
最も効果的なのは、トリートメントなのだそうです。

特に、洗い流さないタイプのトリートメントは効果的です。

洗い流さないタイプのトリートメントをすることで、
髪の外側がコーティングされ、
傷んだキューティクル部分から水分が流れ出るのを防いでくれます。

さらに、オイルの効果で髪表面の湿度が保たれ、
摩擦による静電気が発生しにくい環境をつくってくれるのです。

髪の乾燥が気になる人には、
洗い流さないトリートメントがおすすめですよ。

まとめ

静電気で広がる髪に悩まされることの多い冬ですが、
原因を知り防止策を施すことで、
冬でも、まとまりのある髪を手に入れることができますよ。

髪をトリートメントで守るだけでなく、
体内への水分補給や肌の保湿もしていき、
全身で静電気を発生させる量を減らすことが大切です。

摩擦による静電気で、髪はさらに傷みが進行してしまいます。

この悪循環を止めるためにも、
髪と身体の保湿ケアをしていきましょう♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする