白髪を黒髪に戻すことは可能!?自分でできる白髪予防と改善方法

  • 白髪は遺伝だから、仕方がない
  • 一度白くなった髪は、元に戻せない

こんなうわさを耳にしたことがある人もいると思います。

しかし本当に、
一度白髪になってしまったら、
あきらめるしかないのでしょうか?

今回は、白髪を予防する方法と、
生えてしまった白髪対策についてご紹介していきます。

白髪になる原因を知り、正しい白髪ケアを覚えて、
前向きに白髪対策を始めましょう!

スポンサーリンク

・なぜ白髪が生えるの?白髪になるメカニズムとは

髪は毛根から生えてくるときに、
メラニン色素によって黒くなって生まれてきます。

そして、このメラニン色素をつくる働きをしているのが、
メラノサイトという細胞です。

その為、メラノサイトが正常に働いている環境であれば、
しっかりとした黒い髪が生えてくるのです。

しかし、このメラノサイトの働きが低下したり、減少すると、
メラニン色素が作られなくなるため、
髪の色がどんどん薄くなっていき、最終的には白髪になってしまうのです。

根元部分は黒いのに、毛先の方が白髪になっている髪を
見つけたことはありませんか?

それは、何らかの原因でメラノサイトの働きが一時的に低下し、
その後、機能が正常に戻るというように、
メラノサイトの活動や細胞の量に大きな変動が生じてしまったためだと
考えられます。

・白髪になってしまう原因

このように、
白髪になってしまうことと深く関係しているメラノサイト。

メラノサイトの機能が低下するなどの問題が生じる原因
探っていきましょう。

◎加齢(老化)によって起こる

白髪になる一番の原因は「老化」だと言われています。

人は加齢とともに、
あらゆる細胞の老化が進んでいくとされています。

メラノサイト細胞も例外ではありません。

老化によって起こる、
メラノサイトの機能低下や不調を
完全に避けることは難しいでしょう。

しかし、老化だからと諦めるのは早いですよ!

日常の生活習慣を変えることで、
メラノサイト細胞の老化スピードを遅らせることは可能なんです!

心身に様々な影響を与える過度のストレス、
食生活の乱れや喫煙、お酒の飲みすぎは、
老化を早めてしまう要因となることは、すでにご存知ですよね。

さらに、運動不足も老化に関係していますよ。

運動不足は、
全身の血行不良を引き起こします。

そして、
もちろん頭皮の血行も悪くなってしまいます。

メラノサイトが元気に働くためには、
頭皮の血行が良い状態であることが大切です。

◎白髪は遺伝?

親子で、髪の色や肌の色が似ているように、
細胞が持つ色素情報は、遺伝すると言われています。

同じように、
白髪や薄毛も遺伝であると、以前は考えられていました。

しかし、実は、遺伝的な要素と白髪の関係について、
現在でも、医学的には証明されていません

それ以上に、後天的な環境が大きく関わっているのではないかと
考えられています。

その為、白髪になりやすいかどうかは、
あなたの生活環境が、大きく影響しているというわけです。

・自分でできる白髪予防の方法とは

スポンサーリンク


今すぐから始められる、
自分でできる白髪予防の方法をご紹介します。

◎バランスのとれた食事

細胞が正常に活動し、代謝するためには、
バランスの良い食事をしっかり摂ることが大切です。

ダイエットなどで、栄養が不足すると、
メラノサイト細胞も正常に機能しなくなってしまいます。

特に、ビタミンB12葉酸などは、
メラノサイト細胞を活性化する働きがあるため、
意識して摂取することをおすすめします。

また、メラニン色素をつくるには、
アミノ酸のチロシンチロシナーゼが必要です。

どちらも、体内で作ることができるアミノ酸ですが、
体内で作り出すためには、
原料となる、必須アミノ酸のフェニルアラニンが必要です。

メラノサイトの機能が正常でも、
メラニン色素をつくる材料が不足していては
意味がありませんので、アミノ酸も積極的に摂っていきましょう。

◎ストレスを溜めない

適度なストレスは、
交感神経を活発化させるため、
心身に良い影響を与えてくれます。

しかし、ストレスは抱え過ぎると、
筋肉や血管、神経が緊張し続け、
心身ともに大きな負担となってしまいます。

筋肉や血管が緊張し続けることで、
血流が悪くなると、メラノサイトや毛母細胞に栄養が届かなくなるため、
頭皮細胞の機能が低下しやすくなってしまいます。

ストレスを多く抱えると、
白髪や抜け毛が起きるのは、このためだったんです。

ストレスを無くすことはとても難しいですが、
ため込まないようにすることは、可能ですよね。

趣味に没頭する時間をつくったり、
軽い運動や、好きな香りのアロマを利用するなど、
自分なりの方法で、定期的にストレスを発散することがとても重要ですよ。

◎質の良い睡眠をしっかり取る

白髪の大きな原因は、
メラノサイトの機能の低下です。

メラノサイトの老化を止める為には、
睡眠中に分泌される成長ホルモンがとても重要です。

成長ホルモンは、眠りについて30分後から3時間の間
最も多く分泌されると言われています。

この時間に、いかに質の良い眠りができるかが、
白髪対策のポイントなんです。

寝る前に、スマホを見ていませんか?

スマホやパソコン、テレビなどは、
強い光によって脳が刺激され、興奮状態になるため、
寝る直前に見ていると、
寝つきが悪くなったり眠りが浅くなるなど、睡眠の質を低下させてしまいます。

寝る1時間くらい前からは、
テレビを見たり、スマホやパソコンの操作は避け、
暗い部屋でゆっくりと過ごすことをおすすめします。

◎夜にチーズを食べる!?

メラノサイトの機能を改善させるだけでなく、
メラニン色素自体を増やすことも、白髪対策に有効です。

メラニン色素の材料となるチロシンを多く含む
チーズや大豆製品を、食べるのが効果的です。

チロシンは、摂取してから約2時間後に、
体内で最も作用すると言われています。

その為、チロシンの作用する時間帯と、
成長ホルモンが活性化する時間帯を、
できるだけ合わせることが、白髪対策としてはベストなんです。

◎生姜で身体を温める

生姜を食べると、
身体が、ぽかぽかと温まりますよね。

生姜に含まれるジンゲロールという成分は、
手足や頭皮など、身体の末端部分を温める効果があります。

メラノサイト細胞を元気にするには
頭皮の血行が良いことがとても重要ですので、
身体を温める食べ物で、血行を促すのもひとつの方法です。

一日に10gくらい、
だいたい生姜ひとかけ分くらいが目安です。

冷奴や湯豆腐に、
すりおろした生姜をたっぷり乗せて食べれば、
チロシンとジンゲロールの両方が摂れるので、おすすめですよ。

◎頭皮を刺激して血行促進(マッサージやツボ押し)

手の指の腹で頭全体を掴み、
上下左右にグイグイと動かしてましょう。

柔らかく動きますか?

頭皮が頭蓋骨からずれて動くようなら大丈夫ですが、
硬くガチガチに凝り固まっている場合は、
血行が悪い可能性が高いです。

頭皮マッサージやツボ押しなどを、
気持いいと感じる程度の力で、ほぐしていきましょう。

どんな白髪対策も、
三日坊主でやめてしまっては意味がありません。

頑張りすぎない方法で、毎日継続することが大切ですよ。

・白髪を予防、ケアするシャンプーがおすすめ!

ここまで、
自分でできる白髪予防方法をご紹介してきました。

でも、続けるのってやっぱりめんどくさい…
なんていう人には、
シャンプーを変えるという方法がおすすめですよ。

シャンプーは、毎日必ずしますよね?

シャンプーを変えるだけなら、
普段通りの生活に何もプラスしないので、超簡単です。

◎白髪予防に効果的な「haru(ハル) kurokamiスカルプシャンプー」


使い続けていたら、
気づけば白髪が気にならなくなったという口コミが多く、
SNSや雑誌で大人気なのが、「haru(ハル) kurokamiスカルプ」シャンプーです。

弱酸性、アミノ酸系、ノンシリコン、化学成分無添加、無着色
と、髪や頭皮に優しい高スペックさが魅力。

それだけでなく、
メラノサイトに直接働きかける「ヘマチン」という成分が
配合されている為、
シャンプーするだけで、白髪予防、改善に効果が期待できるのです。

ノンシリコンのシャンプーは、
泡立ちにくく、乾いた後もきしみやすいと敬遠されがちですが、
Haruのシャンプーはそんな問題も解決済み。

泡立ちも良く、洗い上がりもキシキシしませんよ。

髪を洗いながら、簡単に白髪ケアできる
haru(ハル) kurokamiスカルプシャンプーは、
かなりおススメですよ。

シャンプーの際に、頭皮マッサージをプラスすると、
頭皮の血行が促進され、有効成分が頭皮に浸透しやすくなるので
ぜひやってみてください。

マッサージが面倒な人は、
シャンプーブラシを使うのもおすすめです。

たくさんの突起が頭皮をやさしく刺激してくれるので、
血行が良くなりますよ♪

・まとめ

年齢を重ねるごとに、
白髪に悩む人は増えていきます。

しかし、毎日の生活習慣や食事を見直すことで、
白髪の進行を遅らせることは可能です。

白髪対策は、毎日続けることで効果が発揮されるので、
無理ない程度に、コツコツと継続してきましょう。

また、白髪予防の専用シャンプーやヘアケアグッズを活用すれば、
より効果的に、簡単に白髪予防に取り組めますね。

白髪を気にしすぎることもストレスになってしまいますので、
気軽にできる方法で、黒髪を取り戻しましょう♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする