白髪が生えてきた…白髪を隠す方法!白髪染めは髪を傷める!?

年齢を重ねていくと、
少しずつ白髪が気になり始めますよね。

早い人では20代で白髪が生えてくることも。

髪に白髪があると、
どうしても老けて見られてしまいます。

出来ればうまく隠したいですよね…。

白髪を隠す方法としては、白髪染めが一般的ですが、
ヘアアレンジなど他の方法で、
目立たなくすることができるんですよ。

そこで今回は、白髪を隠す方法について
ご紹介していきます。

スポンサーリンク

・なぜ白髪は生えるのか?その原因は?

私たちの髪の毛は、毛根から生えてくるときに
メラニン色素によって色が決定されます。

このメラニン色素をつくる働きをしているのが、
メラノサイトという細胞です。

その為、メラノサイト細胞の働きが低下したり、
細胞自体が減ると、
メラニン色素が正常に作られず、
白いまま髪が成長してしまうのです。

また、メラノサイト細胞が正常に働いていても、
メラニン色素をつくる材料が体内に不足すれば、
白髪が生えることになります。

メラノサイトに何らかの問題が生じる原因には、
加齢によって細胞が老化することのほか、
生活習慣の乱れ偏った食生活ストレスなどがあると言われています。

また、遺伝的な要素も含まれている可能性も
現時点では否定されていませんので、少なからずあると思われます。

白髪ができてしまった原因が、
生活習慣の乱れやストレスなどだった場合、
これらを改善することで、
白髪になってしまった髪を、元の黒髪に戻せる可能性があります。

・生えてしまった白髪を隠す方法【自宅編】

出来てしまった白髪は、生活習慣を改善するなど、
努力次第で減らすことが可能です。

しかし、すでに生えている白髪は修復できないので、
隠すしかないですね。

◎白髪を抜くのはNG

白髪を見つけると、
ついつい抜きたくなってしまいますよね?

しかし、白髪を抜くのはNG行為なんです。

髪を引っ張って無理に抜いてしまうと、毛根にストレスがかかり
頭皮に大きな負担を与えてしまいます。

そして、同じ毛穴から生えている、
健康な髪にまでダメージが連鎖する可能性も。

髪は、1つの毛穴からは数本生えています。

白髪を無理に抜くことで、
健康な髪が育っている毛根にも悪影響を与えてしまい、
白髪になってしまったり、
さらには、髪が生えてこなくなってしまう恐れもあるのです。

◎ヘアアレンジで白髪を目立たなくする

手軽に白髪をカバーする方法は、
ヘアスタイルを変えたり、
ヘアアレンジを工夫してみることです。

白髪は、頭頂部生え際あたりが目立ちますよね。

ですので、その部分をうまくカバーできれば、
白髪を目立たなくすることができます。

◆白髪が目立ちやすいのは、ぺたんこストレートヘア

ヘアスタイルの中でも、
白髪が目立ちやすい、目立ちにくいものがあります。

最も白髪が目立ちやすいのは、
ストレートのダウンスタイルです。

生え際の白髪は隠せそうですが、
ボリュームを抑えることで、
頭頂部の白髪が目立ちやすくなってしまいます。

逆に、白髪が目立ちにくいのは、
ふんわりとボリュームを持たせた髪型です。

ふんわりすることで、
生え際にある白髪が見えてしまうような気がしますが、
実際は、最も白髪が目立ちにくい髪型だと言われているんですよ。

◎白髪用マスカラや白髪隠しパウダーを使う

白髪染めはまだしたくないけど、
お出かけや特別な日は、白髪をしっかり隠したいという場合は、
白髪隠しアイテムがおすすめです。

白髪用のマスカラや、白髪隠しのファンデーションなど、
さまざまなアイテムが販売されています。

気軽に使えて、
洗えばすぐに落とせるため、髪や頭皮へのダメージも少なく済むのが
メリットです。

◆まつげのマスカラも代用できる!?

まつげに使うマスカラも、
実は白髪隠しに代用できちゃいます。

外出先などで見つけてしまった白髪、
何とか隠したい!という時には、
マスカラを塗って白髪をサッと隠しましょう。

マスカラも、シャンプーで落ちますので、
その日だけ白髪を隠したいという時には、最適です。

◎白髪用シャンプーを使う

最近では、毎日使用することで、
白髪を少しずつ染めていくというシャンプーやトリートメントも販売されています。

少しずつ染めていくため、
まわりの人に気づかれにくいのが特徴です。

手軽で簡単にできる方法ですが、
髪質などによって、染まり具合には個人差があるようです。

また、商品によっては、タオルに色移りしたり、
汗や雨などで髪が濡れた際に、服に色がついてしまうことがあるため、
商品選びに注意が必要です。


オールインワン カラートリートメント

・白髪を隠す方法【サロン編】

今生えている白髪を完全に隠したいと、
「白髪染め」「ヘアマニキュア」を選ぶ人は多いのではないでしょうか。

どちらも、
市販品を使って自宅で行うことも可能ですが、
美容院で行うことをおすすめします。

では、白髪染めとヘアマニキュア、
それぞれの特徴を見ていきましょう。

◎白髪染めは髪を傷める!?

白髪染めは、
髪を一度脱色してから、髪の内部に染料を浸透させるため、
色持ちが良いのが特徴です。

ただし、強い薬剤を使用するため、
どうしても、髪や頭皮へのダメージを避けることはできません。

その為、白髪染めを繰り返すことで、
髪のツヤやハリが減り、質感は悪くなっていきます。

また、薬剤や染料によるアレルギーの可能性もあるため、
薬局などで売られている市販のものではなく、
美容院で染めてもらう方が良いですよ。

◎ヘアマニキュアは持ちが悪い

白髪染めを行なうと、
どうしても髪や頭皮にはダメージを与えてしまいます。

髪や頭皮のダメージを避けたいなら、
白髪用のヘアマニキュアの方が、絶対に良いです。

ヘアマニキュアは、白髪染めとは違い
髪の脱色や髪内部へカラー剤を浸透させることはしません。

髪の表面に、
カラーをコーティングする方法となります。

その為、髪を傷める心配はほとんどありません。

ただ、表面をコーティングするだけなので、
白髪染めに比べると持ちの良さは劣ってしまいます。

また、白髪を黒くすることは出来ますが、
白髪を隠すと同時に全体を明るくするというようなことはできません。

黒色に、どんな色を塗っても黒のままですよね?

つまり、ヘアマニキュアがどんな色でも、
黒い髪を明るい色に変えることは出来ないということです。

白髪染めに比べて、持ちの良さは劣りますが、
比較的安価で行えるのもメリットです。

・まとめ

生えてしまっている白髪を隠すには、
アレンジで目立たなくする方法や、染めて隠す方法など
様々な方法があります。

白髪の量が多くない間は、
できるだけ頭皮や髪を傷めない方法を選択することが、
髪にとっては大切です。

髪や頭皮を健康に保つ為には、
白髪染めは最終的な手段と考えて欲しいですね。

また、普段の生活習慣を改善したり、
ストレスを溜めないようにするなど、
合わせて、白髪を増やさない努力も重要ですよ。

「白髪を隠す」ことに注視しすぎて、
髪や頭皮にダメージを与えないように注意して、
美しい髪を育てていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする